プロペシアはどれぐらい続けるの?

カレンダープロペシアとは、米国メルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬で、1日1回、毎日内服することで効果があらわれます。
プロペシアの有効成分は「フィナステリド」で、AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制させる効果があります。
プロペシアの効果があらわれるには、ある程度の期間が必要となってきます。
個人差はありますが、通常ですと、半年から一年程度継続して服用されれば、効果を実感することができます。
国内の臨床試験では、プロペシア1mgを1年間投与することで、約58%の方が改善効果が認められています。
また、2年間の使用では、約68%、3年間では78%と継続して使用することによって、高い効果を示すというデータもあり、改善効果に加えて、現状維持効果も合わせて同じくらいの高いパーセンテージとなっていますので、改善効果及び維持効果を合算した場合には、プロペシア1mgは98%以上の方に効果があったという臨床試験データがあります。
原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、髪の毛を成長させる毛乳頭の働きを阻害させ、正常な成長サイクルを乱して髪の生成を止めてしいます。
プロペシアを服用することで、これらの作用を抑制し、正常な毛髪サイクルに戻していき、あらたな髪の毛が生え変わってくるまでには、やはり半年近くの期間が必要となってきますので、効果を体感できるのは、やはりそれ以降となります。
もちろん、プロペシアの服用と併用しながら、食生活の改善や禁酒、禁煙、ストレス環境の改善や、軽めの運動など、生活習慣を改善していくことで、より早く効果を実感することができるでしょう。